不動産で収益を【不動産を活かして収入アップ】

私設年金を活用

パソコンを操作する手

最近になってネット上でも私設年金という言葉がよく見られるようになった。私設年金というとなかなかピンとこないが、要するに今ある資産を運用して、自らが老後に備えることを指すのだろう。そもそも我が国には公的年金制度が古くからあり、今も恩恵を受けている人も多い。厚生年金を例にとると、就職した時から毎月コツコツと数万円のお金を積み立てていき、来るべき老後に備え、定年を迎えてやっとその恩恵を受けるという制度だ。この年金制度が近年崩壊寸前であることは皆も承知であり、果たして決まった年齢から年金が受けれるかは補償できない時代である。これは先進国が皆抱えている不安であり、高齢化社会を迎えるにあたり、避けられない事態であろう。

もちろん、自分で預金をコツコツと蓄え老後に備える手もあるが、あまりに貯蓄にいそしみすぎて市中にお金が出回らないことも経済学的には問題であり、それによる経済の停滞も懸念されることである。では私設年金にはどのような種類があるかというと、古くから親しまれているのは株による資産運用であろう。比較的安定している株を購入することにより、資産を運用する方法である。今でも人気がある株式であるが、これに加えて最近で人気なのはFX等の海外の株式による資産運用であろう。実際、私の周りでも検討したり実践している人いて、ときおり勧められることもある。不動産投資等による私設年金も人気で、こちらは急上昇中で一番注目されている私設年金であろう。